豊岡市福祉情報サイト とよニコ

main_rogo
みんなででかける

豊岡で暮らすということ

「豊岡の魅力って何?」
みなさんなら、この質問にどのように答えますか。

「何もないで〜暑いし寒いし、遊ぶとこないし」
ほんの数年前まで、私はそう答えていました。

でも今の私は違います。
豊岡での暮らしを楽しみ、その魅力を心と体で感じ、
自分の言葉で伝えられるようになりました。
そうなれた大きなきっかけは「子育て」です。
私は、子どもたちに世界を広げてもらったのです。

特にこの1年間は、たくさんのご縁に恵まれ、
やりたいことを言葉にし、カタチにしてきました。
「今、人生で一番楽しい!」と言っては、周りを呆れさせています。

大好きなキャンプは、生活の一部です。

人生の分岐点

大きく人生を変えたできごとは、10年以上続けていた仕事を離職したことです。
すべては、自分が決めたことでできている。
守られていない環境に飛び込むことは勇気がいりましたが、
私を成長させてくれた「子育て」をもっと楽しむためには必要な選択でした。
そしてこの変化が、子育ても仕事も、そして普段の暮らしも、
自分の選択に責任があることを、強く感じるきっかけになったのです。

想いをカタチに

「豊岡には、しっかり芯を持って取り組んでいる人がいる」
自然環境や食材・素材づくりなど、私たちの暮らしに関わることで、
こだわりを持った生産者さんが数多くいるのが魅力的だと、移住者の友人は語ります。
たしかに、遠くに出かけたり、高い料金を払ったりしなくても、
身近なところに安心・安全、そして美味しいものが多いように思います。

冬はダイコン。旬のものを食べるという幸せ。

しかし、どれほどの人がその魅力に気がついているでしょうか。
私自身も豊岡に30年以上住んでいるのに、今ある環境を当たり前と感じていました。

豊岡に移住してきた方々が、キラキラした表情で魅力を語る姿を目の当たりにし、
逆に地元の人にしか伝えられないこともたくさんある、という気づきを得ました。
移住者、ローカル、どちらもの想いが集まるイベントができるんじゃないか?
そんな理想を描きながら、イベントづくりは始まりました。

主催イベント『ethical village』

9月に初めてイベントを開催した時には、一緒に主催している友人と、
何度も励まし合いながら、意見を言い合いながら、2人で準備を進めました。
当日目の前に広がる光景を見たとき、たくさんの方に支えられていることに気づき、感動したことを覚えています。

はじめての開催は9月。


会場に集まった方々が、生活の中で“自分でつくる・選ぶ・考える“機会を増やす、
そんなイベントになるように、私たちはそっと手を添えるだけです。
主催の私たちはもちろんのこと、出店者・スタッフ、来場のみなさんがすることは、ただ一つでいいのです。
それは、1日を楽しむこと。

第一弾はお天気にも恵まれ、人にも恵まれた1日。

青空の元、真っ白な稽古堂の前にみんなが集い、穏やかに1日を楽しんでいる。
そんな光景を思い浮かべながら、今日も子育てと自分のやりたいことを、バランスよく、心地よく。

豊岡で暮らすということ。
それはみなさんにとって心地良いものですか?
自分が住む地域の魅力を知り、伝えられるようになると、どんどん世界が広がっていく。
毎日を暮らすなら、楽しい方がいい。
私はそう思います。

ママたちがつくるイベントに込められた想いが、みなさんに届きますように。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
イベントの第二弾情報
Ethical village 〜life is a journey〜
旅するように生活を楽しもう
3月26日(土)・27日(日)

Instagramページ

https://instagram.com/ethicalvillage

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
シズカ

豊岡育ち、豊岡暮らし、30代子育て中の主婦です。 地域・人・ものを結ぶ、想いをカタチにする。 そんな活動を中心に、楽しいことを拾って生きています!

  1. 我が家は小さな社会

  2. 我が家の夏休みの過ごし方~47日間の戦い~

  3. ふだんのくらしにプラス〜農業を知る〜

コメント

この記事へのコメントはありません。

最上部へ