豊岡市福祉情報サイト とよニコ

main_rogo
「ふくし」を知る・考える

【イベントレポート】城崎 文化のつどい作品展

こんにちは!とよニコ事務局のきたむらです。
とよニコは、9/8(木)~9/10(土)に城崎振興局3階 城崎地区コミュニティセンターで行われた「文化のつどい作品展」に出展していました。
今回は、その報告をさせていただきます!

城崎の皆さんによる作品が大集合!

コミュニティ城崎城崎文化協会が主催のこのイベントは、毎年秋頃に開催され、地域の皆さんが日頃から心を込めて制作している作品たちが集まります。
今年度も、会場には伝統工芸「城崎麦わら細工」や習字、手芸品などが数多く並びました。

さまざまな世代の方が足を運び、作品を堪能していました。
作品を作るのは特定のグループもしくは個人の作業だと思いますが、展示の場があると、出展者・来場者・運営者…いろんな人たちが自然と関わるきっかけができて、この作品展も「素敵な空間だな~」と感じました。
(会話があってもなくても、誰かが誰かとその場・その時を共有することは大切なことだと思います)

とよニコは、隣の部屋で展示を行いました。

活動紹介の横には、前回のイベントでたくさんの親子に協力してもらったメッセージボードをそのまま貼り付けました。どれだけメッセージが増えるかドキドキでしたが…

こんなにたくさんの「うれしい時」が集まりました!
なかには、「もっとたくさん書きたい!」と言ってくれる方もいらっしゃったそうです。
今回もたくさんの心温まるメッセージをありがとうございました。

人のぬくもりを感じる機会

そして、出展の裏側でうれしかった出来事もありまして…。
麦わら細工教室に通う皆さんが「いつか福祉活動で使いたい」と保管していた可愛いハートマークを、とよニコの紹介カードに貼り付けてくださったのです。

ひとつひとつ、細かい作業で貼り付けてくださいました
かわいらしいカードになりました!

誰かの思いやぬくもりを感じられる「手作り」の良さを、作品展だけでなく、出展の裏側でも感じました。
こちらのカード、ひとつは自分用に大切に保管させていただき、残りは今後の広報活動に使わせていただきます。関係者の皆さま、ありがとうございました。

まだまだ利便性や効率性が求められるこのご時世。
大量生産品や便利な機器に恩恵を受けつつも、人のぬくもりを感じられる場や物に触れると、ほっとする自分がいます。
とよニコでは今後もいくつかのイベント出展を予定していますが、さまざまな出会いに私自身が癒されつつ、少しでも多くの方にとよニコや「ふくし」に関心を持っていただけるよう工夫を重ねていきます。
もし見かけたら、(皆さんのお顔を見たり、お話もできたらうれしいので)気軽に立ち寄ってくださいね!

..................

~事務局からお知らせ~

ページの下部にコメント欄があります。

記事の感想やライターに書いてほしい記事の内容など、お気軽にコメントくださいね! ★非公開での困りごとの相談や、とよニコへの掲載依頼・情報提供などは「お問合わせ」からご連絡ください。事務局より個別にお返事させていただきます。





  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
とよニコ事務局

とよニコライターの皆さんと一緒に、豊岡で笑顔に暮らせるような情報発信をします!

  1. 【イベントレポート】2022但東ふくしまつり

  2. 【専門職とゆるくつながる場 ゆるニコ】障害福祉について考える

  3. 「自分の町を良くするしくみ。」赤い羽根共同募金

コメント

この記事へのコメントはありません。

最上部へ